家事代行を頼む前に口コミを確認してみよう

評価を確認

家事で掃除を行う時、ルーチンワークになってしまいいつも同じ箇所ばかりになってしまいがちです。
家の清掃をしっかり管理して行こうと考えるのであれば、定期的に違う場所を掃除する日を作るようにする事が大切です。
床を掃除する際には家具の下側やドアとの仕切り等の部分を掃除しない事があります。
忙しくて面倒に感じる時には、どうしてもこうした箇所をサボってしまいがちです。
ですから、毎日やると言う考え方は一度捨ててしまい、一度に特定の日に行ってしまうと言う考え方にシフトしてみましょう。
特にベッドの下や本棚の下なんかは虫やホコリの巣窟となっています。
稀にでも良いので、ベッドの下は1~2週間に1回、大きな家具をどける掃除は2~3か月に一度はするように心掛けて下さい。

掃除を行うのはもちろん床だけではありません。
清掃を家事として捉えている主婦の中には、掃除機をかければそれで大丈夫だと捉える方もいますが、掃除機と言うのは1つの道具でしかありません。
本来の目的は、家の中を衛生的に保つ事、見栄えを良くする事です。
その目標をしっかり心に留める事に注意を払わなくてはなりません。
昔から家での掃除には雑巾が使われていますが、これは技術が進んだ今でも重宝される道具です。
特にお湯を含んだふきんを用意すると、非常に汎用性が高まります。
例えば、水道の蛇口をひねる部分や、食器棚の取って等を拭く掃除があります。
雑巾と言えば全体的に拭くイメージがありますが、一部の手が触れる部分だけでも十分なのです。